Airbnbサービスは観光客が増加して地域の活性化にも繋がる

Airbnb(エアビーアンドビー)。最近こんな言葉を良く耳にします。Airbnbは、国内ではまだまだ知名度は低いですが、世界191カ国で展開されている人気のサービスです。では一体どんなサービスなのかといいますと、宿泊先を探す旅行者と、空き部屋を貸したい人を繋ぐwebサービスです。具体的には、アパートや一軒家はもちろん、自宅の空き部屋や中には、お城やツリーハウス、クルーザーなどが宿泊施設として提供されています。ある意味で普段滅多に泊まる事のない宿泊体験ができます。そして Airbnbで用意されている部屋のタイプには、シェアルームと個室、そして貸切といったプランがあります。シェアルームは一つの部屋に宿泊する事になる為、ホストと一緒に滞在することにはなります。シェアルームは例えばですが、1ルームの中に、自分以外の寝床を作ってあげて、同じ部屋内で一緒に生活することになる為、家具や家電など特に用意する必要がなく殆ど初期費用が掛かりません。その為安価に泊まることができます。ホテルや旅館に比べてみても格段にお値打ちです。又、ホストとゲストとが直接顔を合わす機会が多いので、コミュニケーションが深まります。人見知りしない方でお値打ちに泊まりたい方にはおすすめです。又、個室貸しでは自室の他に、ゲスト用に1部屋用意してあるパターンです。これもホスト側が既に生活をしているのであれば、必要な家具や家電はほぼ揃っていますので、初期費用が抑えられ、宿泊費用も抑える事ができます。シェアルームに比べてプライベートの確保が出来ますので人気があります。これまで旅行等で宿泊しようとすると、ホテルや旅館が中心でしたのでそれなりに費用も掛かかり、旅行に行くのをためらってしまう方も多いと思います。しかしこれからの時代、Airbnbサービスの進出により、気軽に旅行など出かける機会が増えるのではないでしょうか。特に日本国内では既存の宿泊施設より安く泊まれるという事で外国人観光客に好評のようです。観光客が増えればそれだけ地域の活性化にも繋がる為、今後ますます注目を集めるのではないでしょうか。

コメントを残す

GO TOP