airbnbを使った民泊で知っておきたいポイント

最近ニュースで「民泊」をよく耳にします。民泊というとホームステイのようなイメージを持ちますが、必ずしもホストの家にゲストを招くような形態に限るものではありません。現在誰も住んでいない家やマンションを所有している方であれば、その物件を民泊施設として提供することができます。賃貸マンションの空き室でお困りのオーナーの方などは特に助かるのではないでしょうか。
まず、民泊サービスを開始するためにはairbnb (エアビーアンドビー)というサイトに物件を登録する必要があります。airbnbは世界中で展開されている民泊プラットフォームで、民泊を希望する海外からの旅行客の大半はこのサイトで物件を探します。海外からの旅行客は安価で宿泊でき、日本人の普通の暮らしを体験できるため、民泊を魅力的なものとして捉えています。そんな方々に気持ち良く過ごしてもらい、日本でたくさんの貴重な思い出を作るお手伝いができるなんて素敵ですよね。自宅の空き部屋にゲストを招くのであれば、簡単なコミュニケーションが取れる程度の語学力が必要になります。外国語に対応した説明書を準備することもできますが、おすすめの観光スポットや料理の話、ゲストの疑問にも答えてあげられるのが理想的です。
コミュニケーションに自信がない方や遠方の物件を活用して民泊を始めたい方の強い味方になってくれるのがairbnb代行業者です。チェックイン時の鍵の受け渡しからチェックイン後の室内メンテナンスまでを依頼することが可能です。なかには複数の言語に対応可能で、室内の説明書を作成してくれたり、24時間メール対応をお願いできるものもあります。料金システムは固定料金や宿泊料金に対して一定の割合で支払う形態などさまざまですから、自分の求める条件に合った業者を選ぶことが重要です。
すでに民泊サービスを開始し、空き家や空き部屋を有効活用している方々が役立つ情報をいろいろと提供してくれていますから、まず情報収集から始めてみましょう。

コメントを残す

GO TOP