airbnbを使ったフランスニースの旅行記

海外にバックパッカーで1人旅に行くことが好きで今回は2回目のフランス旅行に行きました。

3泊4日の弾丸旅行です笑。

ヨーロッパはこれで5回目ですが、最近欧州の各国の旅行でよく利用しているのがairbnbです。

それまでは4人部屋くらいで泊まる外国人用の安いホテルを利用していました。

でも日本から予約できるairbnbが宿を事前に確保できて安いというメリットがあるので最近はずっと利用しています。

airbnbは最初は専用サイトから探していましたが、調べているうちにいろんなサイトがあることに気づきました。

代行もあるのですが、私の場合は英語で何とかやりとりを頑張っています。

自分で調べるためにはその土地の言葉での条件を理解して、最低でも英語でやりとりができるのが前提です。

今回のフランスは2回目なので、前回利用したサイトを使用して探しました。

滞在先はニースです。

前回はパリに行っていろいろ観光をしました。

その時に南フランスのニースの郷土料理店で食べた料理が忘れられず、本場に行ってみたいと思いました。

探していると老夫婦の方が出している1軒の物件がありました。

狭いながらもキッチンが付いていて使い勝手が良さそうです。

問題は言葉ですが、まずは英語で全文とつなたいフランス語を少し書いて送りました。

返事は全部英語で返ってきました。

良かった~笑。

探していたのは旅行1ヶ月前だったんですが、1ヶ月後ならまだ誰も取っていませんよと書いてありました。

ニースの駅で連絡をするということで連絡先をやりとりしました。

現地に着くと早速連絡をしました。

待ち合わせの時間を決めて待っているとお爺さんが迎えに来てくれていました。

英語も話せる方で車で迎えにきてくれました。

とはいえ「歩くのが面倒だから」と歩いても10分程度の道ですぐにつきました。

住まいは以前子供たちが使っていた住居部分にキッチンを簡単にくっつけたそうです。

来た当日には夕食をご馳走になって、ここでもニースの郷土料理を食べることが出来ました。

野菜の旨味がすごい!

ニースは野菜、海鮮、お肉と全部が美味しいんです。

翌日からはニース観光をいろいろしました。

パリとは全然違う自然も残る良い街でした。

海岸もあり近くまで行ってみると海岸線のすぐそこまで建物が建っていて驚きです。

そして素晴らしい景色でした。

夜にはニースの市場で買った野菜を使ってお婆さんにニース料理を教わることが出来ました。

ご存知ラタトゥイユです。

レシピをノートに書きながら教わりました。

「こんなの大雑把でいいんだよ」と笑われましたけど笑。

とても良い思い出になりました。

こういったホストの方のつながりができるのが良いですね。

またもう少ししたらメールで近況を報告しようかなと思っています。

コメントを残す

GO TOP