airbnbの代行業者について

今や民泊の問題が政治的視野まで含み、ニュースでも取り上げられることが多くなりました。そのため、airbnbの認知度も上がり、利用者も増えています。airbnbの特徴として、一般素人でもairbnbに登録をするだけで部屋を有料で貸し出すことができるということです。最近は海外からの旅行者にとってもairbnbを使って日本の宿泊先を探すことも珍しくありません。そのため空き物件や部屋を所有している人がairbnbに登録して、収入を得ようとしています。airbnbを語る上で欠かせないキーワードが代行という単語です。物件の清掃管理等全てairbnbで必要とすることをホストに変わって全て行ってくれる業者の事です。運営管理はもちろんですが、使用前後の部屋や物件の清掃自体も業者に手続きしてくれるなど、全てにわたってお任せすることができます。インターネットで検索すると、今やこうした代行業者が数多くヒットします。それぞれの代行業者の特徴やメリットデメリット、費用の面等が関係してきますが、忙しいホストに変わってairbnbの管理を代行してくれるサービスは新しいものです。しかし今は民泊自体が少し問題化されており、airbnb自体が安定した地位を確立していません。ホテルや旅館のようにきちんとしたセキュリティや家事などの時に備えた管理が建物や部屋にできていないからです。airbnbを推奨する派と反対側と分かれてしまいますが、airbnbを利用して収入を得ようとしたり、ビジネスを考えている人にとってはこの代行業者はとても便利で重宝できます。もう少し民泊事情においてルールが決まり、法律などで明確化する物ができれば、堂々と民泊もできるようになるし、代行業者も仕事がたくさん入ってくること間違いないです。今はairbnbも代行業者も手探りでやっている感覚なので、東京オリンピックが近付くにつれて徐々にこういった面でも法律などできちんと明確化できればいいです。そうするとさらにairbnbでホストとして登録しやすくなります。

コメントを残す

GO TOP