airbnbのホストとしての注意点

今や世界200カ国近くで登録されているairbnbですが、利用者も数多くいます。海外旅行や国内旅行でホテルや旅館に宿泊するのではなく、airbnbに登録してある物件やホテルを宿泊先として選ぶ人も増えています。ホテルや旅館は宿泊する上では便利で問題ないですが、より地域に密着しており、現地をもっと楽しみたい人にとってはairbnbの方が魅力があります。また宿泊金額もホテルや旅館では高額になりがちですが、airbnbではホテルの相場に比べて比較的安く宿泊できるのも嬉しい点です。そんなairbnbですが、ホストとして登録するのはとても簡単です。部屋の写真をとってairbnbのサイトにアップするだけです。あとは宿泊希望者が来るのを待つだけですが、最近はairbnbの代行業者も増えており、よりホストの負担が少なく住んでいます。複数の部屋や物件をairbnbに登録する時などは、こういった代行業者を利用すると便利です。airbnbに登録してホストになる際、またairbnbに宿泊者を実際に泊める時に一番気になるのは金銭トラブルです。それは宿泊代金の未払いというトラブルもありますが、それ以外にも部屋に置いてあった物を無断で持ち出されたりする可能性があるからです。特に海外からの旅行者の場合は日本でのマナーに鈍いことがあります。日本では常識として考えられていることが相手も同じように考えているとは限りません。そのため、トラブルが起こる前に、最低限の注意をしておくことです。金銭トラブルにならないための一番の方法は、部屋に高価な物を置かないことです。さらに部屋に注意書きを書いておき、持ち出しを禁止する旨をきちんと相手に伝えておくことが大切です。借りる側も貸すホストも気持ち良く使ってこそ、お互いにメリットがあります。そのためホストにできるおもてなしは行いつつも、きちんと宿泊者に伝えるべきことは伝えることが大切です。そうすることで次回からの宿泊者に対しても、気持ちよく使ってもらえます。

コメントを残す

GO TOP