airbnbという形式で経営を行う際に大切な事とは

airbnbの形式で部屋を提供する際、部屋を代行して貸すという意識を持つばかりではなくて、借り手側などに対するおもてなしの心を持ちながらサービスを提供する事が大事です。部屋を貸す不動産の業者とサービスの内容として似ていますが、決定的に異なる所は誰も住んでいない新築の物件を貸す事ではなくて、以前から住んでいる人を対象にした物件に対して、契約する事を借り手側に意識させます。ホストとして登録された物件を所定の価格で一定期間提供する場合、受け手としてゲストの気持ちを踏まえながら満足した住宅を提供する事が社員の使命です。

近年はお客様満足を考慮して、airbnbとして会社を運営している企業では、おもてなしの心を養成する事に努力している傾向です。運営を継続する為のお金は、殆どがゲスト側の利用料金で賄われています。事業を円滑的に動かす為に会社内で定期的に研修を行ったり、契約を出来るだけ多くとって成果を出したり、困っている社員の問題解決に力を入れている企業が多くなっています。物件を借りる時に借り手側にとっては、防犯の設備や建物の品質などに心配を抱える人も多いです。借り手側の心配を払拭する為には、不安を解決させる為に社員同士が協調性を持ちながら全力で利用者に対して安全な部屋を提供する意識を持ちます。

airbnbは単に部屋を提供するホストだけが存在していない事が特徴で、業務を円滑にするためのエンジニアなどの技術者が存在しています。効率よく運営する為に部屋や業務のシステムを徹底的に構築をして、コーディングなどによる手法を活用しながら貸し手側からの要求に素早く対応している事が特徴です。部屋を提供するホストの側は、ベッドの配置の位置などを書いてあるマニュアルに縛られないで、個性を重視しながら顧客満足に徹底している事が多くなりました。利用者もホテルとして活用する気持ちを持たない場合が多いので、予測が出来ない個性を重視したサービスで、最近はビジネスとして活性化している傾向です。

コメントを残す

GO TOP