airbnbで収益を上げるためのノウハウ

Airbnbをご存知ですか?空き部屋を貸したいホストと空き部屋を借りたいゲストとを仲介するマッチングサービスのことです。例えば、出張で部屋を留守にするときなどに、自室をゲストに有料で貸し出す。こうした民泊ビジネスを可能にしたのがAirbnbなのです。

空き部屋で稼ぐことができる民泊ビジネス。このお手軽さは魅力で、近年、急激なスピードで市場が拡大しています。中には民泊ビジネス専用に不動産を購入する人もおり、月に数百万以上稼ぐこともあるそうです。しかし、いきなり不動産を購入するのは、普通の人にはハードルが高いものですから、まずは自分が所有している空き家や空き部屋を活用することから考えていきましょう。それに、民泊ビジネスの最大の特徴は、手持ちのリソースで旅館経営のようなビジネスを営むことができるという点です。自分が元々所有している物件であるならば、新たに不動産を購入するのと違って、リスクはまったくありません。少々単純化して言うなら、初期投資ゼロからビジネスを開始することができるのです。空き家を持て余していたり、出張で家を空けることが多いような人は、是非とも民泊サービスに挑戦してみてください。

手軽に始められる民泊サービスですが、成功させるためには多少のノウハウが必要となることは言うまでもありません。まず大切なことは、価格設定を妥当にすることです。今も昔も、ゲストが一番気にするのは価格です。できれば近隣のホテルより安い値段で貸し出すことにしましょう。airbnbでは貸し出し実績がカウントされ、その件数が高いゲストほど信頼できると見なされますので、多くのゲストを迎えれば迎えるほど、次なるゲストを呼びこむことができるはずです。

次に、リスティングページに質の高い写真を掲載することです。部屋のコーディネートにこだわり、それを十全に表現する写真を掲載すれば、サイト上でゲストの注意を引くことができます。逆に言えば、質の低い写真の部屋は見向きもされません。どんなことにおいてもそうですが、自己プロデュースは大切です。air bnbでは、条件を満たすホストならば、プロによる無料の写真撮影をサービスしてくれるので、必ず活用したいところです。

最後に、ゲストとは密にコミュニケーショをとることです。予約前のゲストからの問い合わせには迅速に応えましょう。レスポンスの速さは好感度を高め、予約へとつながります。また、滞在中のゲストからも様々な質問があるものですが、それらにしっかりと答えれば、ゲストに好印象を残し、好評価レビューにつながることでしょう。滞在中のゲストを迷わせることがないよう、前もってハウスガイドを作成しておくのもよいかもしれません。ゲストには外国人も多いでしょうから、英語ができないホストはこれらの業務を代行業者に任せるという手もあります。

以上が民泊ビジネスにおけるノウハウです。たくさんのゲストを受け入れ、たくさんの利益を上げるためにも、是非ともお試しください。

コメントを残す

GO TOP