airbnbでホストになるためにできること

外国人に民泊を提供するということが話題になっている日本ですが、その面で世界にネットワークを持つ民泊提供を代行するairbnbの存在感は高まる一方です。外国人が好きで英語を勉強したいと思っている人たちにとってもこうしたサービスを利用して自分の家を提供するのはかなり魅力的なものとなるに違いありません。そのような中でairbnbをよりよく利用してそれをビジネスにすることさえできるのですが、大切なことはいわばホテルのようなサービスを提供することになりますので、それにふさわしい接客をするということ、そして英語を使うことが必須になりますので、伝えたいことをしっかり伝えて誤解が生じないようにするということです。英語は日本人が苦手な分野のことですが、貸し出すお部屋に英語で幾つかの説明を書くことができるかもしれません。特にお風呂やトイレの使用に関しては共同になるかもしれませんのでそのあたりのことを紙にパソコンを使って書くことができるかもしれません。

外国人に宿泊してもらうことでその交友を楽しめるのですが、中には悪いことをする人がいないとも限りませんので貴重品に関することや家の中の設備に関してはトラブルが起きないようにできるだけ注意を払うことです。そして外国人はその地域での体験に興味を持っている人がほとんどですのでちょっと地元を案内してあげるとか、地元ならではのおいしいお店があるのであれば一緒に食べに行くということもできます。そのような気遣いやサービスはとても喜ばれますし、地域の活性化にもつながるのです。airbnbサイトからノウハウに関する情報を得ることができますし、サイトがどのようなシステム、そして料金に関すること、そしてどのくらいの相場で貸し出しをしているのかなどいろいろなことを調べてみることは実際に自分がそのサイトでホストになるために必要なことです。あるいはもし時間があるのであれば1度海外に旅行に行き、airbnbのサイトから民泊を利用してみるのもよいかもしれません。そうすればホストをやってみようという気持ちを高めることができるのです。

コメントを残す

GO TOP