airbnbでホストになることへの近隣への配慮

民泊という形で滞在先を提供するairbnbのサイトですが、自分では空き部屋を持っていたとしても外国人に貸し出しをするというのは個人ではまず無理な話ですが、こうしたサイトに登録することで代行してくれて世界中の人たちとホストという立場でやりとりができるというのはとても嬉しいことです。とはいえ時には問題が起きることもありますので、あらかじめ対策を立てることができるかもしれません。

例えばある地域によっては外国人がほとんどいないエリアであり、突然マンションなどに出入りするようなことがあると不審な者ではないかという疑いをもたれることがあります。数人が出たり入ったりするようなことがあると確かに誰なのだろう、どんな目的でこんなところに来ているのだろうという不安を与えることがあるのです。あるいはカルチャーの違いからか、音にはあまり敏感ではないことがあり、夜遅くまであまり音を気にせずに大きな声で話したり音を立てたりしてしまうかもしれません。そのような状況が続くと近所の人たちからすると迷惑なだけであり、問題が起きてしまうのです。それでairbnbを利用して自分がホストになり、外国人とやりとりして部屋を提供するのはよいことなのですが、事前に彼らにはそのような生活する上での注意点なるものを説明しておくようにできるかもしれません。そしてそれに同意してもらうように説得することができるのです。また近所の人たちには、見知らぬ外国人が同じマンションをうろうろしているという苦情が出る前にあらかじめ説明をしておくことができるかもしれません。事情を説明しておけばわかってくれますし、大きな問題にならないのです。

このようにairbnbを使ってホストになるということは大きなビジネスチャンスではあるのですが、注意することや慎重に行動することをしないと、ややこしい問題が生じてこのビジネスがしづらくなってしまうことがあるということを銘記しておくことが成功の秘訣となります。

コメントを残す

GO TOP