airbnbでトラブルにならないためのホストとは

今や全世界で登録者がいるairbnbですが、日本でも最近はニュースなどで取り上げられることが多くなりました。そのため以前に比べてairbnbに対して認知度も高まり、airbnbに興味がわいている人も多くいます。実際にairbnbに登録してホストとして部屋や物件を宿泊場所として提供している人が徐々に増えてきていますが、登録者数が増えて利用者が増えるに比例して、airbnbでのトラブルも増えているのが現実です。airbnbはホストと利用者の仲介サイトであり、何かを代行するような業務はありません。そのためホストと利用者のトラブルの一例としては、代金未払いや部屋や物件の器物損害、宿泊中の近隣住民に対しての迷惑行為等があります。特に海外からの旅行者がairbnbを利用して宿泊するケースも多いので、日本では常識として通じていることが海外からの旅行者からすると常識の範囲を超えていたり、理解しがたいこともあります。そういったすれ違いや認識の違いから、ホストと利用者の間でトラブルが起こることもあります。airbnbでホストをするからには宿泊者に気持ち良く泊まってほしいし、可能な限りトラブルを避けたいと思うものです。また実際に宿泊した利用者は後日airbnbのサイトでその部屋や物件に対して口コミ評価をすることができます。airbnb利用者はこの口コミ評価を重要視しているため、次の顧客を得るためにも口コミ評価でいい評価をしてもらいたいと思うものです。そのためにはトラブルを避けたいものですが、トラブルを避けるための手段として事前にairbnbのサイトに注意書きをしておくことです。airbnbではトラブルに対して対処はしないので、ホスト自身が事前に通達しておくことが必要です。利用者が予約をする前段階で決まり事や注意点を記載しておき、料金の支払いにおいても明確にしておくべきです。そのことに同意できる人だけが予約すればいいのであって、同意できない、またはしないような人はホストが断ることもできます。事前に徹底して注意喚起するだけでもトラブル回避になるので、有効な方法です。

コメントを残す

GO TOP