airbnbでゲストを受け入れたときのトラブルに対処する

airbnbは現在多くの旅行客が利用しているツールの一つです。そして、ゲスト(貸す側)にとってもこれまで空いていた物件を利用して稼ぐことができるというので、副業としても人気があります。しかし、airbnbのホストとして部屋を貸す際に注意していても起こってしまういくつかのトラブルがあります。今日はそのトラブルにどのように対処できるかを説明したいと思います。
まず、多いトラブルの一つ目はwi-fiルーターの故障です。airbnbを利用する旅行客の多くはwi-fiルーターを必要としていますので、wi-fiルーターの故障はかなりのマイナスとなります。そこで、故障してしまったのなら仕方ないので、すぐにその事実は予約しているゲストに連絡するようにしましょう。そして、修理をする必要がありますが、場合によっては新しいルーターを購入したほうが早く解決する場合もあります。さらに、ゲストによっては予約をキャンセルして返金してほしいと言うかも知れませんので、その準備もしておくと良いです。
次に多いトラブルはエアコンの故障です。エアコンも海外からの旅行客にとっては必須アイテムとなっています。特に日本の夏は暑いですし、都心であればエアコンなしでは過ごせません。まずは故障がわかった時点でしっかりと予約しているゲストの連絡しましょう。決して、知らなかったフリをしてそのままゲストを宿泊させないようにしましょう。そうすると、結局はレビューの評価を下げてしまうことになり、今後の予約に影響がでます。また、エアコンの故障はある程度故障する兆候が見られるものですので、代行業者などに清掃をお願いし、定期的にチェックしておくと突然のトラブルに対処することができるはずです。また、エアコンが故障して使えないときには持ち運びできる冷暖房機器を購入するという方法もあります。急場しのぎですが、こうした対応をすることで逆にレビューの評価を上げることができるかもしれません。
気をつけていてもトラブルは起こるものですが、大切なのはそのトラブルがあっても誠実に対応することです。

コメントを残す

GO TOP