空き部屋をairbnbで貸し出しています

空き部屋を持て余している人はairbnbをやるべきです!私がこの民泊サービスを始めてから1年が経ちましたが、昨年は想定以上の副収入を得ることができました。こんな手軽に開始できるサイドビジネスはまたとありませんから、貸し出すことのできる物件をお持ちの方は是非ともairbnbを活用してみてください。

子供二人が就職して家を出てからというもの、わが家は夫婦二人が住まうには広すぎるものとなってしまいました。なにしろ空き部屋が二つもあるのです。家の中がガランとしているのは何だか寂しいから、いっそのこと引っ越そうかと夫婦で話し合ったこともありました。

そんなときです。私たちがTVで民泊サービスのことを知ったのは。それによると、最近は旅行者が民間人の家に宿泊することが流行っていて、そうした旅行者に空き家や空き部屋を貸し出すサイドビジネスが注目を浴びていると言うのです。これだと思いました。私が持て余している空き部屋という遊休資産を活用するためには、民泊ビジネスをやればいいのです。

早速、私たちはairbnbに空き部屋を登録してみました。私たちが住んでいるのは東京都心ですから、観光には便利なエリアです。そのためでしょうか、年間を通じて安定して宿泊者が訪れてくれます。私たち夫婦は英語が少し話せるので、代行業者は滅多に利用しません。そのかわり、できるだけ自分達でお客さんをもてなそうと努めてきました。朝食をサービスとして提供したり、ときには夕飯を一緒に食べたり、車で観光案内もしたりと、様々な工夫を凝らしているのです。こうした接待はレビューでも高く評価してもらえています。

旅行者の皆さんとのコミュニケーションも思いのほかに楽しいものです。そのうえ、たくさんの副収入にも恵まれているのですから、民泊をやって本当によかったなと思っています。最初は戸惑うところもありましたが、今では旅行者とともに暮らすのが日常になったと言ってもいいかもしれません。空き部屋を持て余している人たちには、この民泊サービスを広くおすすめしたいと思います。

コメントを残す

GO TOP