ロンドンでオシャレなマンションに民泊してきました

旅先では可能なかぎりairbnbを利用するようにしています。ホテルに泊まる旅なんてもう古い。日本で泊まろうが、アメリカで泊まろうが、ラオスで泊まろうが、ホテルの造りは世界のどこであっても似たりよったりですから少々面白みに欠けてしまいます。せっかく海を超えて異国の地へ赴くのなら、その土地の風土や文化を感じられる民家に泊まりたい。日本とは異なる居住環境を経験してみたい。そんな思いがあって、私は海外旅行ではなるべくairbnbを利用して、現地の民家に泊まるようにしています。

先日もロンドンに2週間ほど滞在していたのですが、もちろん民泊を利用しました。サイトで見つけた何やらオシャレそうなマンションの一室を選んでみたのですが、現地に行くと、写真で見る以上に素晴らしい物件でした。大開口の窓からはロンドンの町が一望できて、それを眺めているだけでも十分な観光になります。テラスには寝椅子が備えられていたので、毎晩ビールを片手にロンドンの夜景を楽しんでいました。また、室内の造りもシンプルながらも気持ちのよいものです。スッキリとしたシャープな線で構成されている空間に、英国調のアンティーク家具が点々と備えつけられています。モダニズムと古典が組み合わさったような素敵なインテリアです。あまりに感嘆して、この部屋は素晴らしいねと鍵を渡してくれた代行業者に話しかけると、ここはイギリスが誇る有名建築家が設計したマンションだからねという答えが返ってきました。さすが建築の分野では世界のトップを快走するイギリスです。こんな庶民が住むようなマンションであっても、最先端のデザインを駆使します。日本では滅多にお目にかかれないような居住空間だと思いました。こんな素敵な住まいを旅の宿にできるのですから、やはり民泊は最高です。

旅のあとairbnbのサイトを眺めていると、私がロンドンで宿泊した宿のように、有名建築家が設計したマンションや一軒家もたくさん掲載されているようです。今度から海外を旅行する際には、建築に注目して民泊先を決めたいと思います。民泊なら、ホテルでは経験できないような個性的な居住空間に出会えるからです。

コメントを残す

GO TOP