ホストとしてairbnbを使用する際の注意点

個人間の宿泊サービスの代行を取り仕切るairbnb(エアビーアンドビー)では、ユーザーの立ち位置が二つに分かれます。貸す側と借りる側の二者です。前者はairbnbでは「ホスト」と呼ばれ、後者は「ゲスト」と呼ばれます。普段でも家にお客さんを招く際、ホストとゲストという区分は存在しますよね。あれをイメージしていただければ、airbnbにおける両者の仕組みがよく理解できると思います。

要するにホストは自分が所有する空き部屋や一軒家に、旅行客等のゲストをお招きするわけです。もちろんこの両者間には有償での金銭の取り扱いが発生します。ゲストはホストに対して、ホストが設定した宿泊代金を支払います。

ホストとしてairbnbを利用する場合、注意しなければならないのは、まず、airbnbのサイト上に記されている利用ガイドラインをしっかりと熟知しておくことです。確かにairbnbを使えば、通常の宿泊施設を介するよりはすこぶるフリーダムに誰でもゲストとホストになれるのですが、だからといって規約がまったく無いわけではありません。ルールがあるからこそ、世界中でここまでairbnbが代行サービスとしてポピュラーかつ便利なものとして広まっていったというその現実を直視する必要があります。

ゲストはまったくの見ず知らずのユーザーから宿を借りるわけですから、ホストとしてはいわば「一見さん」でも安心できる宿泊所としての機能を確約させなければなりません。自分がゲストとして海外に出かけたと想定してみてください。出来れば揺るぎない信頼をホストとの間に事前に締結させておきたいとは思いませんか?

ですから、気持ち良くゲストに提供した家を使ってもらうためにも、あらかじめ詳細なハウスルールを設定しておくことが、airbnb内におけるユーザールールとして存在しています。

提供した宿でやって良いことと、やってはいけないことをきちんと明示しておくのです。こうしておくことによって、ゲストはもちろんのこと、貸す側であるホストもハウスルールに従える人だけに宿を提供することが可能となり、より安全な形で安心してairbnbを活用することが叶います。

コメントを残す

GO TOP